こむら返りについて

こむら返りとは

こむら返りとはふくらはぎに起こる筋肉の痙攣のことを総じて言います。特に腓腹筋という筋肉に多く現れ、筋肉が緊張して硬直した状態が続き強い痛みを感じ、治るまではその足で立てないほどです。

こむら返りは正式には腓返りという漢字で表記され、「腓」というのはふくらはぎの部分を意味します。

sponsored link



腓腹筋はふくらはぎの大部分を占める筋肉のことで、ヒラメ筋と合流して下腿三頭筋を形成しています。

また、「腓=こむら」は江戸時代に呼ばれていたようで、江戸時代中期以降にふくらはぎと呼ぶのが一般的となってしまったことから、ふくらはぎのことをこむらとは呼ばなくなっていったが、こむら返りという症状の名前だけがそのまま残って現在でも使われているわけです。また、こむらをこぶらと呼んでいる地方もあったようで、今もこむら返りをこぶら返りと呼ぶ人が居るようです。

【こむら返りの語源は不明】

こむらの元々の語源は、ふくらはぎの筋肉が大きな「こぶ」のような形状からという説や、肉の塊を「ししむら」と呼んでいたことからという説などがありますが、どれが正しいかは分かりません。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ ふくらはぎの痛み

⇒ こむら返りの原因

⇒ こむら返りの応急処置

⇒ 【こむら返り.com】TOPへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
comuragaeri★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。